新たな河東、より大きな河東 ! (経済自由区域)


ガルサ湾造船産業団地開発

事業概要

  • 位置 : 慶南河東郡錦城面葛四里、可徳里一帯
  • 事業期間 : '09. 3. ~ '15. 12.
  • 事業量 : 5,613千㎡ (海面部 3,174、陸地部 2,439)
  • 1段階 : 2,482千㎡(約 75万坪)
  • 総事業費 : 1兆3,851億ウォン(民資 1兆1,100、公共 2,751)
  • 誘致業種 : 高付加価値造船所及び造船機資材
  • 事業施行者 : 河東郡、河東地区開発事業団(株)
  • 実需要者 : 大宇造船海洋(株) など
  • 金融圏 : KB国民銀行、富国証券
  • 施工社 : 韓信工営(株)

推進事項

  • '09. 3. 30 : 開発計画変更及び実施計画最終承認(知識経済部)
  • '10. 9. 28 : 大宇造船海洋と土地分譲契約の変更締結
  • '11. 9. 9 : 陸地部の土地等の補償に着手
  • '12. 2. 29 : 工事請負契約の締結(河東地区開発事業団⇔韓信工営)
  • '12. 3. 13 : 安全祈願祭開催
  • '12. 3. 20 : 産業団地1段階のうち盛土着工
  • '12. 5. 7 : 事業約定等、各種約定締結完了
  • '12. 5. 9 : 大宇造船海洋(株) 土地分譲契約金(110億ウォン)納入
  • '12. 5. 17 : 工事請負契約移行保証金(485億)納付(韓信工営→河東地区開発事業団)

今後の計画

  • '12. 6. : 陸地部内の海洋プラント総合試験研究所敷地完工
  • '14. 12. : 大宇造船海洋(株)敷地完工
  • '15. 12. 31 : 産業団地造成工事完工(1段階)

河東地区、天恵の立地の長所

  • ① POSCO、河東火力発電所、光陽港に連接
    • POSCO 光陽製鉄所の年間(原資材流入及び物動量輸送の最適地)
    • 200万トン規模の厚板生産 (3km以内に所在)
    • 年間400万kw規模の電力生産、韓国南部発電(株)、河東火力に連接
    • 韓国を代表する港・光陽港から20分の距離に位置
  • ② 最高の接近性
    • 5分の距離に南海高速道路、20分の距離に大田~統営間の高速道路が位置 3~40分の距離に泗川空港・麗水空港が位置
  • ③ 各種基盤施設の構築
    • 河東火力発電所、光陽製鉄所の造成による漁業権の完全消滅地域
    • 1日62,500トン、南江ダムの広域上水道施設を既確保
    • 光陽製鉄及び河東火力の出入り航路を既開設(水深23m)