新たな河東、より大きな河東 ! (河東紹介)


현재 위치

ホーム > 河東紹介 > 沿革

沿革

河東郡は 辰国時代には多沙村と呼ばれ、弁韓の時は弁韓12国の一つである樂奴国に属していた。三国史記の記録によると、元々韓多沙郡であったが、景徳王16年(757年)、河東郡に改称された。 その後、高麗時代には河東県といい、朝鮮王朝の太宗14年(1414年)に南海県を合わせて河南県とした。
河東郡は 沿革
三韓時代 弁韓12国の一つである樂奴国に属していた。
三国時代 多沙城、または多沙郡と呼ばれた。
統一新羅時代 神文王5年(585年)、韓多沙郡といい、景徳王16年(757年)、河東郡に改称された。
高麗時代 河東縣と呼ばれ、晉州牧に属していた。.
朝鮮時代 粛宗30年(1704年)には河東都護府に昇格され、都護府使を置き、1895年には晉州府河東郡になった。
河東郡は 沿革
1895.6.25 勅令第98号により、23府制が実施され、晉州府河東郡になる。
1906.1.19 晉州郡靑岩面、玉宗面を編入
1915.1.1 府令第175号により、全羅南道光陽郡多鴨面蟾津里の一部を編入
1933.1.1 金陽面の一部および南面を統合して金南面に改称
1938.10.1 府令第197号により、河東面を河東邑に昇格し、1邑11面になる。
1955.7.1 法令第360号により、玉宗面元溪里を晉陽郡に編入
1966.5.12 郡条例第100号により、花開面新興出張所を設置、1邑11面1出張所になる。
1969.10.2 郡条例第156号により、靑岩面葦台出張所を設置、1邑11面2出張所になる。
1983.2.15 大統領令第11027号により、玉宗面中台里を山淸郡矢川面に編入。
1986.1.13 郡条例第957号により、金南面葛四出張所を設置、1邑11面3出張所になる。
1989.1.1 郡条例第1053号により、金南面述上里を辰橋面に編入
1989.4.1 郡条例第1076号により、金南面葛四出張所を金城面に昇格、1邑12面2出張所になる。
1996.3.12 郡条例第1418号により、花開面新興出張所を廃止、1邑12面1出張所になる。
1998.9.4 郡条例第1494号により、靑岩面葦台出張所を廃止、1邑12面になる。
2002.12.18 郡条例第1632号により、靑岩面葦台里、弓恒里、檜信里を玉宗面に編入